脱毛と日焼けの良し悪し

脱毛サロンに通いたいんだけど、日焼けはどう対応すればよいのでしょうか。
夏であれば日焼け止めクリームは必須と思っている女性は多いですが、秋冬になると案外さぼっている女性も多いようです。

しかし秋冬でも紫外線は降り注いでいますから、その点を注意して見ていきたいですね。

脱毛前の日焼けはNG

医療脱毛やフラッシュ脱毛に限らず、脱毛前に日焼けするのはNGです。
脱毛マシンから出るフラッシュ、レーザーは黒いものに反応するようにできていますから、日焼けした黒い肌に反応し、火傷をするという肌トラブルが起こりかねません。

また火傷とまではいかずとも、効果がでにくい、でないというケースもあるようです。

もし脱毛前に日焼けしてしまったのなら、予約を1か月先までずらすようにしましょう。

 

脱毛サロンで特に用いられているマシンでインテンス・パルス・ライトというフラッシュは、皮膚にある黒いメラニン色素に反応します。
この性質を利用することで毛根を破壊していきますが、日焼けした肌にはたくさんメラニン色素があります。

通常なら毛根の黒さだけにスポットを当てることができますが、インテンス・パルス・ライトが日焼けしたことで他のメラニンに反応し、効果が分散されるので、効果が弱くなると言われているのです。

日焼け後も避けた方がベター

もちろん、脱毛後にも日焼けNGです。
脱毛後の肌は思っている以上に敏感になっていますから、敏感な肌に紫外線をモロにあてると赤み、火傷やヒリヒリした炎症を起こすことがあります。

秋冬でも変わらず紫外線は若干なりとも降り注いでいるので、脱毛サロンから帰宅する際には日焼け止めクリームは必ず塗るようにしましょう。

万が一日焼けしてしまうと、元の色の白い状態に戻らないまで施術できなくなるというサロンもあるので、注意しましょう。

医療脱毛の場合だと多少の日焼けでも可能というクリニックもあるようです。

徹底的な紫外線対策を

どうしてもアウトドアに出かけたい、デートの予定がある、という場合は徹底的な紫外線対策を試みましょう。
日焼けをしてはいけませんが、アウトドアを楽しんではいけないことはありません。

ですから屋外に出かけても日焼けしない方法、顔には日焼け止めクリーム、首筋までしっかり塗り、長袖で紫外線カットのものを着用、つばの広い帽子をかぶるなど、色々と工夫できることはあります。

万が一日焼けしてしまったという場合はすぐに冷水で冷やすこと。
軽い火傷状態が日焼けというものですから、クールダウンが必要なのです。

 

脱毛サロンに通い始めるのは夏より秋冬のほうが望ましいでしょう。
何故ならファッションも長袖になりますし、紫外線防止に役立ちます。

顔は日焼け止めクリームと下地にもUVカットのものを使い、首にもしっかり日焼け止めクリームをぬること。

夏に脱毛を始めると、UV対策も大変ですしUVカットのシャツを羽織っても汗だくになります。
秋冬よりも通いにくくなることは分かり切っていますから、狙うなら脱毛サロンは秋冬にかけて通うようにしましょう。