脱毛 のメリット デメリット(後悔やリスク)

脱毛するにあたって、脱毛サロンへ通うにはやはり後悔はしたくない、リスクは負いたくないというのが女性の本音で正直なところではないでしょうか。

実際通ってみてなんか違う・・・施術後やっぱりやめておけばよかった・・・なんてことも無きにしも非ずなのです。

脱毛にはメリットも多いですが、後悔やリスクがあることも確かです。
具体的にはどんなリスクや後悔などがあるのでしょう。

メリット・セルフケアの時間がなくなる

まずメリットとしてはセルフケアから解放されるという時間の確保ができます。
その点からすると嬉しい限りです。

いざ冬場に露出するハメになっても全然平気ですし、周囲の視線を気にすることもありません。
突然のお誘いに乗ることだってできます。
肌も綺麗になり、自分の毛が濃いという悩みを持っている女性ならなおのことメリットを感じることができるでしょう。

デメリット・肌トラブル

今では全身脱毛が当たり前とも言われている中で、ではどんなリスクや後悔したことがあるのでしょうか。

まず全身脱毛で起こるかもしれない肌トラブルの一例としては毛嚢炎があります。
施術の際、毛穴に損傷を受けることになるので、そこにブドウ球菌などが入り込み、傷が膿んでしまうと毛嚢炎というニキビに似たものになるケースがあります。

自然に治るものですが、数がおおければ専門医に診てもらったほうが良いでしょう。
デリケートゾーンなど濃い毛が密集している場所に毛嚢炎はできやすいので、雑菌が繁殖しやすい部分に毛嚢炎ができやすいと言えます。

また火傷リスクも考えておきましょう。
皮膚が乾燥している場合など、肌コンディションが悪い場合に起きやすいのが火傷トラブル。
飲酒などの原因によって起きることがありますから、常に肌コンディションはよくしておく必要があります。

あとから後悔

では脱毛して後悔したというケースはどんなものがあるのでしょうか。
脱毛して後悔するのは大抵VIOラインの場合のようです。
彼氏に話していなくて、突然ハイジニーナを見せられてビックリしたという意見が多いようですね。
全部脱毛している場合はかなりビックリする、Vラインは少しくらいは残したほうがいいんじゃないのか?
という意見もちらほら。

ただ、年齢が若いにつれ、つるつるでも構わないという意見も多くなっています。
美意識が高い女性だ、と思われているようですが、やはりVラインは薄く残してほしいという意見が圧倒的に多いようです。

それで彼氏に引かれて後悔したという意見もあります。

予約が取れない

また予約がなかなか取れなく、実際3か月から4か月おきになり、全身脱毛が4年もかかったという声もあります。

さらに脱毛は1年近くかかると言われ、11月から始めて、来年8月頃には終わると思っていたらカウンセリングで今から始めても来年の夏のつるつるは難しいと言われた、などなど。

 

VIO脱毛のメリットは自己処理から解放されることと共に衛生的である、ニオイが軽減されるというものがあります。
男性は女性に対してはいつまでも美しくいてほしいという願望がありますから、VIO脱毛、Iラインなども脱毛してほしいという意見もあります。

ただ、一方で彼氏にやりすぎなのでは?
と思われることもありますし、人気サロンでは予約がとれなくて多くの時間を費やして全身脱毛する羽目になってしまったという女性もいるので、ここは賛否両論といったところでしょうか。