脱毛前後の飲酒はなぜダメなの?

脱毛サロンで、契約を結ぶ際やカウンセリングなどで、前日や当日、施術直後の飲酒は禁止と言われることがあります。
一体これは何故なのでしょうか。

今では女性でもビールを美味しく飲んでいる姿をよく見るようになりました。
昔はお父さんが晩御飯にビール!
だったのが、娘もビール!
になっているのです。

しかし、この飲酒と脱毛、どう関係があるのでしょう。

肌荒れの原因になる

まず脱毛は1回では終了しません。
ですから、途中で1回くらいいいやと思って飲んでしまう女性もいるようですが、これは大変危険な行為なのでやめておきましょう。

施術後、飲酒したことによって施術中より赤みが増したり、かゆみが出たり、ヒリヒリ感を感じることが多く見られます。

飲酒をすると血行がよくなり、自然と体温があがります。
すると体は熱を放出するために水分を排出します。
飲酒すると喉も乾きますが、体も乾いている状態になるのです。

そんな状態で脱毛サロンに行ってしまうと、当日当然のごとくいつも以上に痛みがあったり、赤みや腫れ、ヒリヒリ感が続く・・・ということになります。

飲酒によるお肌の乾燥、体温の上昇この2つが原因で、脱毛施術前後の飲酒は禁止となっています。

かゆみを感じることも

また体温があがるとかゆみを感じやすくなるとも言われています。
搔けば掻くほどかゆくなるので、脱毛後にはしっかり肌を労わる必要があります。
だからこそ肌コンディションを整えて、しっとりした肌で脱毛サロンへ来店するべきなのでしょう。

うっかりトラブルで脱毛当日に飲酒してしまった場合、強い赤みが出てかゆくなってきますから、衣類などでもこすらないように注意しましょう。

飲酒は自己責任

特にかゆくなりがちと言われているのが首や膝下、背中です。

飲酒した場合の肌トラブルに対しては、脱毛サロンでのサポートは受けられないことも覚えておきましょう。

飲酒は自己責任となるので、自分で医療機関にかかる必要があります。
まず脱毛サロンに連絡を入れてから、指示されたことに従い、それに従いましょう。
もし指示がなければ皮膚科へ。

これは家庭用脱毛器でも同じことが言えます。
自宅で手軽にコツコツ脱毛できるのがよいところでもありますが、脱毛当日はやはり飲酒は控えましょう。
脱毛器でも肌トラブルを起こしかねません。

たった1杯ビールを飲んだだけで顔全体が真っ赤っかに炎症が・・・なんてことになりかねません。

できれば12時間はあけましょう

飲酒と脱毛がどれだけ相性が悪いか分かったことでしょう。
その上で脱毛サロンに通うのなら、その当日、前後には飲酒をするのは避けましょう。

ではどれくらい待てばアルコールは飲めるの?
お酒好きな女性なら思いますが、基本的には12時間は開けることです。

これは個人差もありますからスタッフに確認しておきましょう。
たった1杯飲んだだけでも真っ赤になってしまう人は、12時間以上開ける必要もあるかもしれません。

脱毛サロンと飲酒、うまくつきあっていくためには条件がそろっている必要がありますね。