脱毛するとワキガが治るの?

脱毛するとワキガが治る、もしくは酷くなる、両方の意見が聞かれますが、実際脱毛するとワキガはワキガのままです。
脱毛したらワキガが治るかも・・・!
と意気込んで脇脱毛をしたけれど、一向にワキガが治らないと落ち込んでいる女性は少し勘違いをしているのかもしれません。
ワキガは腋毛が原因ではないからです。

ワキガの原因

ワキガは脇にあるアポクリン腺という汗腺から出てくる汗により異臭を放ちます。
ですから毛がある、ないにしろニオイは変わらずです。
ただ、フラッシュ脱毛でアポクリン腺を破壊することができると言われており、ニオイ軽減には活躍することができそうです。

脇には多くの毛が密集していますから、アポクリン腺から出た汗が常在菌により雑菌となり繁殖しやすくなります。

そこでエクリン腺という臭いのない汗が混じり、蒸発してワキガ特有のニオイが散漫してしまうので、ワキガが発生します。

つまり脱毛によって腋毛がなくなったとしてもワキガはなおりませんが、毛がなくなった分ニオイが散漫することがなくなるので、ワキガが若干薄れることがあるということになります。

汗は流れやすくなる

脇脱毛をしてニオイが以前より強くなったと感じた女性も多いようですが、それは腋毛がすべすべになり汗が以前より流れやすくなったせいでもあります。

また以前より脇脱毛のため、汗が増えたことに関係もあるようです。
脇の汗が増えたことにより、よりニオイがキツク感じるということもあるでしょう。

ですから前より汗のニオイが気になることもあるのです。
このような場合は本人がそう感じているだけのことも多いので、デオドランドケアをしっかりしておくと良いですね。

 

制汗アイテム

腋毛がなくなり、汗が流れやすくなった分だけ制汗スプレーを使ってもすぐに汗と共に流れてしまいますから、デオドランドアイテムとしては多少物足りなく感じます。

ですから塗るタイプのデオドランドアイテムに切り替えるようにしましょう。
汗止めなどに特化したアイテムが望ましいです。

スプレーではない制汗効果が高いと言われている商品もあるので、これはニオイも抑えてくれると評判の商品です。

通信販売でも塗るタイプ、ロールオンタイプの制汗剤が多く販売されていますから、実際どれがよいのか検討してみるのもよいです。

もちろん市販でロールオンタイプの制汗剤やミョウバンなども販売されていますから、それを塗るのも良いでしょう。

塗り方として適切なのはお風呂上り、寝る前などが効果的だと言われています。

どちらにせよ、脇脱毛とワキガとの関係はそれほどなく、脇脱毛をしたからといってワキガが強くなるわけではなく、ワキガがなくなるということもなさそうです。

もしどちらかを危惧している状態であるのなら、上記のことを踏まえて脱毛サロンへ通うようにしましょう。

脇をつるつるにしたい、でもワキガ体質だし、という女性であれば、制汗剤で汗をストップすれば良いですし、それなら脇をつるつるに保ってノースリーブだってどんなドレスだって着こなせます。

堂々としていられるのがなにより嬉しいことですね。