妊娠中の脱毛は控えたほうが良い

妊娠すると脱毛サロンでは脱毛ができなくなります。
妊娠中には産毛も濃くなりますし、目立つから脱毛したいと思っても難しいのですね。
それは一体何故なのでしょう。

ホルモンバランスが変化

まず、脱毛できない理由としては女性ホルモンのバランスが変化する時期であるということです。
妊娠すると女性ホルモンの一種エストロゲンが上昇します。
その他のホルモンバランスも妊娠時とは違ってきますから、体毛の成長期が続き、休止期に入るのが遅れるため、体毛が多くなることが多いです。

特にVIOラインには影響が大きいと言われています。
出産と共にこの体毛の濃さも元通りになるので、それほど妊婦さんは心配しなくとも良いでしょう。

妊娠中の施術はNGのサロンも

また万が一トラブルが起きた場合に対応ができないという点もあります。
妊娠中は母子ともに安全が確保できる状態でなければなりません。

日ごろ生活していて不便はなくとも、環境の変化やつわりで変化が起きやすい時期です。
さらに通常問題なくとも脱毛中の姿勢を保つのが辛かったり、長時間横になるのが辛いというケースもあります。

そのため、万が一を思って脱毛サロンでは妊娠中の施術はNGとなっています。

胎児への影響は?

また妊娠している女性の誰もが思うことでしょうが、胎児に影響はあるのでしょうか。
一般的には胎児に影響はないと言われています。
肌への影響はあるものの、体内にいる赤ちゃんには影響はないとされています。

ただし、可能性は否定できませんし、絶対とも言い切れませんから、胎児への影響が心配だという妊娠中の妊婦さんは脱毛サロンへ通うのはストップしたほうがよさそうです。

胎児のことが気が気でないという状態で施術を受けていても仕方がないですし、自分のことより・・・と思うのなら、脱毛をいったんストップしましょう。

妊娠中は無理のない範囲でセルフケア

では妊娠中にムダ毛はどうやって処理すれば良いの?
と言いますが、なるべくならセルフケアも控えたほうがよいでしょう。

ムダ毛が気になるという妊婦さんも多いでしょうし、婦人科へ通うのにすね毛が生えているのは恥ずかしいと思う女性も多く、それで悩んでいる女性もいます。

そこでセルフケアとしては最も負担の少ない電気シェーバーを利用するのがオススメでしょう。

カミソリを使うのであれば新品を使用し、肌を保護するためにシェービングクリームをたっぷり使って滑らすように剃りましょう。
毛流れに沿って力を入れずに剃ることが大切です。

 

では妊娠期間ずっと我慢していた脱毛サロンへ通う時期はいつになったら来るの?
と出産を終えたママは、授乳期間はまだ我慢です。
授乳期間中もホルモンバランスは安定しませんから、敏感な状態は続いています。

授乳が終わって、体調も良くなり元のコンディションに戻ったら、脱毛サロンへ通うのを開始するとよいでしょう。
脱毛サロンに通っている間、赤ちゃんを預ける場所がない、おじいちゃんやおばあちゃんに頼れないという可能性もありますから、そのような場合は託児ルームがついている脱毛サロンなどもありますから、色々探して脱毛サロン通いを開始しましょう。