脱毛の方法はいろいろ

脱毛には色々な方法があります。
それらを使って脱毛サロンは脱毛をしていきますが、自宅でも脱毛は可能ですし、方法もいくつもありますから、ご紹介していきましょう。

ニードル脱毛

まずは最も効果的と言われているニードル脱毛。
これは痛くて耐えられないという女性が続出している脱毛法で、毛穴1つ1つに針を差し込み電流を流して毛根を焼き切ります。

イメージするだけで痛そうですが、実際涙が出るくらいいたいそうで、途中で挫折する女性も多いようです。

しかしニードル脱毛は完璧なる永久脱毛と呼ばれるほど毛の再生率がないと言われているので、完全に脱毛したいのなら痛みに耐えてみるのも良いでしょう。

フラッシュ脱毛

次にフラッシュ脱毛と呼ばれるものがありますが、主に脱毛サロンで使われている方法です。

特殊な光を黒色に反応させてフラッシュさせることで毛根を破壊し、毛の再生を抑えることができます。

医療脱毛と呼ばれるものは殆どがレーザー脱毛というもので体毛のメラニン色素に吸収され、その後熱に変換されて毛を再生させる細胞そのものにダメージを与えるので半永久的に脱毛が可能と言われています。

ワックス脱毛

脱毛サロンで行われている脱毛方法は最近ではワックス脱毛が人気です。
ワックス脱毛とブラジリアンワックス脱毛の2つの方法があり、脱毛サロンで施術するのが通常ですが、自宅でも行うことができます。

ワックスをムダ毛部分に塗り、ワックスにムダ毛が付着したら引き剝がすという方法です。
毛流れと逆方向へベリッと引き剝がすのでそれなりに痛みを伴いますが、痛いのはその一瞬だけなので後々痛いということはありません。

脱毛クリーム

その他痛くないといえば除毛クリームがあります。
除毛クリームでムダ毛処理する分には痛みは全くありません。
体毛を剃る、抜くとは違い、薬品で体毛を溶かすからです。

肌から生えている部分にのみ作用するので、毛根を刺激する効果はありませんが、比較的リーズナブルに購入でき、使い方も塗って、指定時間放置し洗い流すだけという簡単な方法なので誰でも使うことができます。

カミソリ

定番と言えばカミソリですが、この方法はあまりオススメはできません。
電気シェーバーとカミソリ派に分かれますが、どちらも肌に沿り毛を剃っていくものです。
T字カミソリ、L字カミソリを使う場合はシェービングクリームをたっぷり使って肌との摩擦をなるべく少なくするようにしましょう。

カミソリで処理する場合、目には見えませんが、表面の薄い角質層も一緒に削っていることになるので、肌にはダメージがあります。
ですから同じ場所を何回も剃ったり、毛流れと逆方向へ剃ったりするのはNGです。
これはシェービングクリームをたっぷり塗っていたとしても毛流れに沿って優しく剃りましょう。

 

自分に合った脱毛法は見つかったでしょうか?
脱毛サロンに通ってもよし、セルフケアをしてもよし、今では家庭用脱毛器という便利なアイテムがありますから、サロン並みの仕上がりも期待できそうですね。
そう考えると多少高額であってもコツコツ続けることができる女性であるなら家庭用脱毛器でも良いかもしれません。